2017年JCI金沢会議

2017年JCI金沢会議

2017年JCI金沢会議

2017年JCI金沢会議

  • JCI 金沢会議 2017年2月17日(金)?19日(日)|この日 金沢で、世界の今を考える
    金沢宣言
    -Kanazawa Declaration-とは?

    2015年11月に開催されたJCI世界会議金沢大会の総会において、
    JCIが国連の持続可能な開発目標「UN SDGs」の達成に向けて
    積極的に取り組むことを採択しました。
    この宣言が金沢の地で採択されたことから「金沢宣言」と呼ばれています。
  • 開催の趣旨・目的

    JCI金沢会議は、アジア太平洋地域の各国青年会議所の代表が一同に参加する国際会議です。
    国連が掲げた持続可能な開発目標「UN SDGs」の達成に向けた活動の推進を目的とし、
    金沢宣言が採択された金沢市で2016年から2020年まで毎年開催されます。
    世界をより身近に感じて頂き、グローバルな課題を共有する機会となれば幸いです。
  • JCI会頭挨拶

    2017年度JCI会頭ドーン・ヘッツェル

    2017年度金沢会議参加者の皆様、
    この金沢会議にて、皆様にご挨拶をする機会をいただけたことを、誠に嬉しく、光栄に存じます。
    この会議は、多種多様な若き能動的市民が集い、学び、成長し、協働するまたとない機会です。
    JCI会頭として、日本JCの、特にこの金沢会議開催までにわたる、長年のご支援、ご献身、
    そしてご協力に厚くお礼申し上げます。同時に、この会議を開催するために率先して行動をしてくれた
    金沢JCにも、重ねてお礼申し上げます。

    この会議は、青年こそがグローバル目標を達成し、世界の需要に応える重要な役割を
    果たさなくてはならないことを世界に証明する機会です。
    日本JCは既に金沢宣言に基いて、【目標6:すべての人に対する、持続可能な水源と水と衛生の確保】を
    推進することを約束してくれました。そして金沢JCもこの会議を通じ、アジア太平洋地域の会頭に、
    自身の国の最大の目標を見つけだす事、そしてそのグローバル目標達成のために社会全ての関係者を
    結束させるために行動をするよう、鼓舞をしてくれています。

    この会議での時間や機会をぜひ有意義に使っていただければと思います。
    私たちの地域のグローバル目標を達成するための戦略を更に発展させる、重要な機会になると感じております。
    この金沢会議に参加して下さった皆様の情熱とご献身に、心より感謝申し上げます。
    この金沢会議で、協働し、私たちの未来のために、とにかく行動しましょう。

    ドーン・ヘッツェル
    2017年度JCI 会頭

国連の持続可能な開発目標
UN SDGs とは?

2015年9月の国連持続可能な開発サミットで
「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための
2030アジェンダ」が採択されました。
アジェンダでは人間と地球の繁栄のために
17の目標が掲げられています。
この17の目標が、持続可能な開発目標
Sustainable Development Goalsと呼ばれ、
一般的に「SDGs」と呼ばれています。

JCI金沢会議 2017
開催報告

2015年11月に国連の持続可能な開発目標
(UN SDGs)への協働を約束する「金沢宣言」が
採択されたことに基づき、
2年目のJCI金沢会議が開催されました。
今年度はJCI主催の各国会頭会議、
各プログラムが開催され各国の代表者が
アジアのみならず世界から集まり
UN SDGsへの協働について、自国の現状を
共有し合い今後の具体的なアクションを
考える機会を創出しました。

  • 公式記者会見

    公式記者会見には、多くの記者の皆様にお越しいただき、ドーン・ヘッツェルJCI会頭、マーク・ブライアン・リムアジア・太平洋地域担当常任副会頭、アレイ・オベンソン事務総長、青木照護日本JC会頭、 塚本泰央金沢JC理事長が出席しました。

  • オープニングセレモニー

    各国会頭が華々しく登場した後、御臨席頂いた寛仁親王妃信子殿下よりお言葉を頂戴しました。また谷本正憲石川県知事、山野之義金沢市長より来賓ご挨拶を頂き、歓迎挨拶ではアジア太平洋地域担当JCI常任副会頭マーク・ブライアン・リム君より「教育は知識ではなく行動である」との言葉が発せられJCI金沢会議2017が開幕しました。

  • 寬仁親王妃信子殿下特別講演
    【講師】寬仁親王妃信子殿下

    「私が身につけた 残したい金沢の 伝統と伝承 伝えておきたい豆知識」をテーマに、加賀友禅や大樋焼など石川県が誇る数々の工芸における伝統と伝承について、私たちが気づかないような金沢の心について、大変温かいお言葉を頂戴いたしました。

  • NOM会頭会議説明セッション

    翌日のNOM会頭会議に向けたUN SDGsのアクションについて知識を共有しました。

  • ウェルカムパーティー

    オープニングセレモニー後の国内外のJCメンバーが参加するウェルカムパーティーでは「日本酒で乾杯」からスタートし、大いに盛り上がる懇親の機会となりました。

  • JCI基調講演 ・
    パネルディスカッション
    【講師】メイ・コック 氏 (アジア開発銀行 青年リーダーシップ会議議長)
    【講師】カラヤフォーン・ジャスミン・ジャルファンド 氏 (国連アジア太平洋地域担当コーディネーター)
    【講師】冨吉 賢一 氏 (独立行政法人国際協力機構 理事)

    基調講演では青少年によるUN SDGs推進運動における戦略立案、手法確立、パートナーシップ提携推進について、パネルディスカッションでは地域の課題解決を図るSDGsモデルについて有識者によるご講演をいただきました。

  • ブレイクアップセッション

    JCI事務総長アレイ・オベンソン君の司会進行で、「意識を高め地域社会を巻き込む」というテーマでブレイクアップセッションに世界各国の多くのメンバーが参加し、国際協力機構JICA副所長小森正勝氏による講和、グループワークによる各国が取り組む事例発表を行い、意見が飛び交いました。

  • 議長招待レセプション

    冬の日本庭園をバックに、マーク議長が各国の会頭を招待するレセプションが開催されました。マーク議長をはじめJCI役員は、お酒のコミュニケーションで参加された国内外デリゲイツ全体を巻き込み大いに盛り上がる夜となりました。

  • NOM会頭会議

    アジア太平洋地域NOM会頭会議が19日午前、午後の2部制で開催されました。報告、並びに質疑応答が行われ、各国が抱える課題等について情報共有がなされました。その後、4つのグループに分かれ「アジア太平洋地域のSWOT分析」と題したグループディスカッションを行い、近隣のNOM会頭同士が議論し、グループ毎に今後の青年会議所が進むべき方向性について改めて確認されました。

  • 金沢JC 記念フォーラム1
    (世界からのメッセージ~希望ある明日のために)
    【講師】渡部 陽一 氏(戦場カメラマン)

    世界各地130ヶ国以上激変する最前線の現場を訪れ、戦争という悲劇が引き起こす惨状、それに続く数々の負の連鎖を目の当たりした渡部氏による貴重な講演でした。わかりやすい丁寧な語り、そして実際の写真を見ることでSDGs目標16である「平和と公正をすべての人に」と真剣に向き合う機会となりました。

  • 金沢JC 記念フォーラム2
    (SDGs Innovation)
    【モデレーター】平本 督太郎 氏 (金沢工業大学専任講師)
    【パネリスト】近藤 典彦 氏 (会宝産業株式会社 代表取締役会長)
    【パネリスト】井村 辰二郎 氏 (株式会社金沢大地 代表)

    地方都市から発信するUN SDGs達成に向けた取り組みについて、先進的な活動をされている経営者によるパネルディスカッション形式のフォーラムを開催しました。97%の経営者が重要と捉える UN SDGsを地域の課題解決に繋げるビジネスモデルについて、先進的な事例を基に解説をいただきました。

  • 日本JCプログラム

    UN関係委員会より、2017年度に取り組む「JCI JAPAN SMILE by WATERキャンペーン」・「JCI JAPAN少年少女国連大使」・「グローバルユース国連大使」の3事業についてプレゼンテーションが行われ、歴代の少年少女国連大使達からも当時の経験から学んだことの発表がありました。

  • フェアウェルパーティー

    JCI金沢会議2017での成果を皆で分かち合い、金沢宣言が採択されたこの金沢で来年以降も集い UN SDGs推進を今後も行うことを誓い合いました。開会前には芸妓の舞が披露され、和を取り入れた設営のもと、アレイ事務総長によるオープニングスピーチ、ドーン会頭から参加者全員の気運が高まるお言葉を頂戴し素晴らしいフィナーレを迎えました。

【開催期間】 2016年4月1日 (金) 〜 4月2日 (土) 【開催場所】 金沢市文化ホール 【参加人数】 600名 (JCメンバー)

【参加者国】 スリランカ、タイ、ベトナム、ミャンマー、モンゴル、バングラデシュ、カンボジア、香港、インド、インドネシア、韓国、マレーシア、フィリピン、シンガポール、台湾、マカオ、
       ナイジェリア、アメリカ、ガーナ、チェコ 計20ヵ国

金沢会議2017 全体スケジュール

日付 時間 プログラム 対象者 場所
2月17日(金) 14:00-14:30 公式記者会見 JCI会頭
JCI金沢会議議長
日本JC会頭
金沢JC理事長
北國新聞赤羽ホール(1F)
19:00-19:50 オープニングセレモニー 信子妃殿下
知事
市長
JCI役員
各国NOM会頭
日本JC会頭
日本JC担当副会頭
常任理事
JCメンバー(国内・国外)
北國新聞赤羽ホール(2F)
20:00-21:00 ウェルカムパーティー JCI役員
各国NOM会頭
日本JC役員
JCメンバー(国内・国外)
北國新聞赤羽ホール(1F)
21:30-23:30 KANAZAWA NIGHT JCメンバー(国内・国外)
※登録料 2、000円
カンパリ(3F)
2月18日(土) 8:30-11:00 JCIプログラム JCメンバー(国内・国外) 北國新聞交流ホール(1F)
10:00-11:30 寬仁親王妃信子殿下 特別講演
「私が身につけた
残したい金沢の伝統と伝承」
JCメンバー(国内・国外)
一般市民
※入場料 2,000円
北國新聞赤羽ホール(2F)
14:00-14:45 基調講演
「アジア・太平洋地域における
UN SDGsの達成に向けて」
JCメンバー(国内・国外) 北國新聞赤羽ホール(2F)
15:00-16:00 パネルディスカッション JCメンバー(国内・国外) 北國新聞赤羽ホール(2F)
16:15-17:30 ブレイクアップセッション JCメンバー(国内・国外) 北國新聞赤羽ホール(1F)
19:00-21:00 議長招待レセプション JCI役員
各国NOM会頭
日本JC役員
辻家庭園
21:30- 国際アカデミー リユニオン JCI役員
各国NOM会頭
グローバルネットワーカー
social
2月19日(日) 8:30-11:30 NOM会頭会議1 JCI役員
各国NOM会頭
北國新聞赤羽ホール(1F)
10:00-11:30 記念フォーラム1
カメラマン 渡部 陽一
「世界からのメッセージ
~希望ある明日のために~」
JCメンバー(国内)
一般市民
北國新聞赤羽ホール(2F)
12:00-13:30 アジア各国会頭
ランチ懇親会
日本JC会頭
各国NOM会頭
北國新聞赤羽ホール(1F)
13:45-16:00 NOM会頭会議2 JCI役員
各国NOM会頭
北國新聞赤羽ホール(1F)
14:30-16:00 記念フォーラム2
「地方都市から発信する
UN SDGs達成に向けた取り組み」
JCメンバー(国内)
一般市民
北國新聞赤羽ホール(2F)
16:15-17:00 日本JCプログラム
JCI JAPAN SMILE by WATER キャンペーン、JCI JAPAN少年少女国連大使事業、グローバルユース大使育成事業の紹介
JCメンバー(国内・国外)
一般市民
北國新聞赤羽ホール(2F)
18:00-19:00 フェアウェルパーティー JCI役員、各国NOM会頭、日本JC役員 金沢東急ホテル
ボールルーム(5F)

JCI金沢会議 2016
開催報告

2015年11月に開催された
JCI世界会議金沢大会において、
JCIが国連の持続可能な開発目標(UN SDGs)への
協働を約束する「金沢宣言」が採択されたことに
基づき、今回のJCI金沢会議が開催されました。
会議期間中は、各国代表者がSDGsへの知識を
高めるとともに、今後の取り組みについての
議論を行いました。

  • ウェルカムパーティ

    各国会頭やJCI役員・スタッフが一同に会しJCI金沢会議開催を祝しました。来賓として山野金沢市長をお招きしました。

  • 基調講演1
    【講師】
    近藤哲生氏
    (国連開発計画駐日代表事務所 駐日代表)

    国連開発計画駐日代表事務所駐日代表の近藤哲生氏に「UN SDGs」「アジアの問題点とその解決に向けた取り組み」をテーマにご講演いただきました。

  • アフリカ開発会議 紹介

    チュボ・タラク常任副会頭(南アフリカ)よりアフリカ開発会議の紹介がありました。

  • 日本JCプログラム

    「JCI JAPAN SMILE by WATERキャンペーン」「JCI JAPAN 少年少女国連大使事業」について紹介をしました。

  • 基調講演2
    【講師】
    村瀬 誠氏
    (東邦大学薬学部客員教授/株式会社天水研究所代表取締役)

    東邦大学客員教授の村瀬誠氏に、アジアにおける飲み水問題の深刻さの説明と雨水を活用した飲み水支援についてご講演いただきました。

  • ブレイクアップ・セッション

    UN SDGs達成に向けて各国の取組みについてディスカッションを行いました。

  • 議長招待レセプション

    議長を務めるジェニファー・グレイシー常任副会頭(アメリカ)の挨拶で開宴しました。

  • NOM会頭フォーラム

    アジア各国会頭による会議が開催され、ナオミ・チャン(香港)担当委員長より「ピース・イズ・ポッシブル・キャンペーン」の説明がありました。

  • フェアウェルパーティ

    ホストを務めた日本JC・金沢JCに感謝の言葉が贈られ、次回も金沢に集うことを約束して閉宴しました。

  • ラップアップセッション

    パスカル・ディケ会頭(ナイジェリア)の総括として、SDGs達成に向けて1人ひとりが一歩踏み出すことの必要性について発信がありました。

  • 金沢JC記念フォーラム
    【講師】
    紺野美沙子氏
    (女優/国連開発計画親善大使)
    【講師】
    近藤哲生氏
    (国連開発計画駐日代表事務所 駐日代表)

    女優で国連開発計画親善大使の紺野美沙子氏により、その活動内容についてご講演いただきました。

【開催期間】 2016年4月1日 (金) 〜 4月2日 (土) 【開催場所】 金沢市文化ホール 【参加人数】 600名 (JCメンバー)

【参加者国】 バングラデッシュ、カンボジア、香港、インド、インドネシア、韓国、マレーシア、フィリピン、シンガポール、台湾、 ナイジェリア、アメリカ、南アフリカ、カメルーン、マカオ 計15ヵ国

※各企業様のロゴは、五十音順に掲載いたしておりますのでご了承ください。