2020年JCI金沢会議

2020年JCI金沢会議

2020年JCI金沢会議

新型コロナウィルスへの対応について

プログラムスケジュール

カンファレンスブック

主なプログラム

寬仁親王妃信子殿下のお成りお取りやめについて

JCI金沢会議2020へご支援・ご協力いただき、心より御礼申し上げます。
寬仁親王妃信子殿下には、2月21日(金)から同月22日(土)まで、「JCI金沢会議2020」に御臨席のため、石川県へお成りの御予定でありましたが、新型コロナウイルス感染症に関する状況に鑑み、御臨席要請を取り下げさせていただき、妃殿下の御臨席が取りやめとなりました。
つきましては、2月22日(土)11:00より開催を予定しておりました、寬仁親王妃信子殿下の特別講演を中止させていただきます。
なお、JCI金沢会議2020の他のファンクションにおきましては、一部変更もございますが、新型コロナウイルス感染症への対策を行い、開催させていただきますので、引き続きの皆様のご理解ご協力を宜しくお願いいたします。

2.22 SATURDAY

SDGs ピッチコンテスト

SDGsという言葉を耳にすることも多くなりました。SDGsとは、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。
このSDGsを新たな挑戦として取り組もうとされている、あるいはすでに取り組まれている事業を募集し、発表する場を設けました。それがこの「SDGsピッチコンテスト」です。金沢から世界にSDGsがより広まるための企業の挑戦とアイデアを募集しコンテスト形式で競い、よりSDGsが普及するための一歩となる事業です。
皆様がこのコンテストに参加されることで、SDGsを意識した事業が加速し、持続可能な社会の実現に近づきます。

日時:2020年2月22日(土)9:00~10:30 場所:北國新聞赤羽ホール 2階赤羽ホール 定員:504名 申し込み: 事前受付制
※WEBより事前申し込みができます。

見学参加としての申込みはこちら ↓↓
https://forms.gle/WhuNHCMP9CxHGE7s5

※登壇者としてのエントリーはこちら ↓↓
https://forms.gle/o7hYokGgofLCfVfz9

お問い合わせ先 次世代育成委員会
委員長 小倉 悠治
E-MAIL info@ogura-law.com

SDGsピッチコンテスト
2.22 SATURDAY

SDGs 金沢企業パーク

皆様はSDGsに取り組んでいる金沢の企業を知っていますか?
SDGsとは「SDGs=Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称で持続可能な世界を実現するための17のゴールと169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。
現在、企業に求められるものが多種多様になり、変化を求められる時代の中で持続可能な開発目標であるSDGsを積極的に取り組んでいる企業が増えてきています。ステージ上で企業PRや各ブースで企業担当者から直接お話を聞くことが出来ます。金沢の企業がどのようなSDGs取り組みをしているか理解しながら、企業活動を知ることが出来る「SDGs金沢企業パーク」に是非ご参加下さい。

日時:2020年2月22日(土)9:00~14:15 場所:金沢市文化ホール2F大集会室 対象:金沢市内の高等学生、金沢市内の短大生、大学生、金沢市内の専門学生、石川県の就職活動中の方 申し込み:事前登録制
https://docs.google.com/forms/d/1dVkiVqHI31YZMYHRdbUjtOcRFtkndf49hvkaFH1spEY/edit

お問い合わせ先 公益社団法人金沢青年会議所 企業価値創造委員会
委員長 安田 直矢
Mail:naoyanyc7@yahoo.co.jp
TEL:090-4689-5987

SDGs 金沢企業パーク
2.22 SATURDAY

明日から実践できる
SDGs分科会
~知りたいがここに・・・~

あなたはSDGsをすでに実践していますか?未だSDGsを実践できていない方はぜひお越しください。会場では、6つのブースを設け、5つのミニフォーラムを開催します。
SDGsをベースとした会員拡大、拡大セミナーに活用できるIT、女性の活躍を理解するジェンダー平等、メディアリテラシー教育、海外進出意識を高めるビジネスなど様々な分野からロールモデルを紹介いたします。LOMでも会社でも活用できる内容となっています。

日時:2020年2月22日(土)9:00~18:00 場所:北國新聞赤羽ホール1F交流ホール 対象:一般の方、企業の方、JCメンバー

2.22 SATURDAY

SDGs×
OVER SEA‘s

2018年JCI香港会頭、ロナルド・カンさんをお呼びし、香港、そして海外のSDGsに関する事業の事例を紹介します。SDGsに貢献する事業はJC運動そのものであり、それは、JCIが定めるよい事業構築の方法、アクティブシチズンフレームワークに当てはまっている事業でもあります。JCI AWARDSにエントリーし、世界に自国の事業を知ってもらう事こそがSDGsに貢献することでもあることを理解してもらえる内容です。
最終的なゴールである2030年までのSDGsの広がりについてのビジョンを話してもらいます。

日時:2020年2月22日(土)14:00~15:00 場所:北國新聞赤羽ホール2F赤羽ホール 対象:一般の方、企業の方、JCメンバー

SDGs×OVER SEA‘s
2.22 SATURDAY

中田宏が
現代SDGs経営を斬る!
~少年少女国連大使の企業潜入マル秘レポート!~

横浜市長や衆議院議員を歴任した中田宏さんをお呼びし、現代企業経営とSDGsに関する事業の成功事例や最先端事例を紹介します。
また歴代少年少女国連大使のSDGs優良企業レポートとして大阪府サラヤ株式会社様、神奈川県大川印刷株式会社様を取材し、SDGsを学んだ若者視点でのレポートにもご期待ください!
本フォーラムを通じて、SDGs経営を理解するとともに皆様の会社経営に寄与し、皆様の住み暮らす地域にSDGs経営を実践するリーダーを増やす事こそがSDGsへの貢献につながることを期待しています!
また、SDGsのゴールである2030年にいたるまでのSDGsの広がりについて、今後の展望をご講演いただきます。

日時:2020年2月22日(土)15:30~16:30 場所:北國新聞赤羽ホール2F赤羽ホール 対象:一般の方、企業の方、JCメンバー

中田宏が現代SDGs経営を斬る!
2.22 SATURDAY

SDGs3.0
~NO EARTH
 NO LIFE~

本年度最後を迎える金沢会議では、SDGsを具体的な行動、実践に移すために、国や省庁がどのような方針かを知る必要があります。
本ファンクションでは特別講師をお呼びして、国や省庁がどのような方針でSDGsを実践しているのか、そしてSDGsと日本の未来をどうリンクさせるのかを講演していきます。
当日は特別講師から、国や省庁の目指す方針や、青年会議所に向けての強烈なメッセージをいただきます。
席に限りがありますので、早めに来てください!

日時:2020年2月22日(土)17:00~18:00 場所:北國新聞赤羽ホール2F赤羽ホール 対象:JCメンバー(国内・国外)

2.23 SUNDAY

青年経済人×高校生×SDGsポスターセッション

アイデアは無限大!SDGsポスターセッションで考える未来の可能性」

JCI金沢会議2020にて、金沢大学附属高等学校の生徒によるSDGsにちなんだ社会課題のポスターセッションが行われます!高校生の柔軟な視点と発想に触れ、実行力のある経済人の皆さまの視点で具体的な解決策を一緒にディスカッションしませんか?!自らSDGsを実践していくきっかけに繋がります。

【テーマ】
(英語での対応)
① Bring up children who can get embrace by Drama Education
② Hygienic Reform Video
③ Fairtrade Change the World: hunger people and you

(日本語での対応)
④ ネパールの子ども教育を如何に行うか
⑤ 多様性溢れる石川県
⑥ 灯台下暗し!?金沢市中央卸売市場
⑦ Art Spiral アートの渦
⑧ 用水の魅力を広めよう
⑨ アイスを愛する私たちの石川丸ごとアイス

日時:2020年2月23日(日)9:00~10:15 場所:北國新聞赤羽ホール 1F交流ホール 対象:金沢市内の高等学生、金沢市内の短大生、大学生、金沢市内の専門学生、石川県の就職活動中の方 申し込み: 事前受付制
申し込みサイトhttps://forms.gle/LLCeAvJajfmghgSW6にアクセスいただき、お申し込みください。

お問い合わせ先 公益社団法人金沢青年会議所 未来教育推進委員会
委員長 寺 純輝
Mail:terample.apple@gmail.com
TEL:090‐1634‐9436

青年経済人×高校生×SDGsポスターセッション
2.23 SUNDAY

2020JCI金沢会議
基調講演

地球温暖化をどうSDGsにつなげ対策していくのかをこれまでの視点とこれからの視点で、2020年JCI会頭のItai Manyere氏に講演いただきます。海外のSDGsの成功事例を踏まえ「気候行動がSDGsを包括的に進展させる」と題して、SDGsへの学びの場としていきます。
プログラムは英語となっておりますが、同時通訳が入りますので、英語が苦手な方でも安心してご来場いただけます。

日時:2020年2月23日(日)9:00~10:30 場所:北國新聞赤羽ホール2F赤羽ホール 対象:JCメンバー(国内・国外) 定員:210名

2020JCI金沢会議 基調講演
2.22 SATURDAY

きょうからSDGsがあたりまえ!

皆さん、SDGsはご存じでしょうか?

SDGsって私たちに関係あるの?
私たちも取り組まないといけないこと?

あらゆる疑問を「あたりまえ体操」でお馴染みのCOWCOWさんたちと解決しよう!
SDGsに関するクイズやジェスチャーゲームなど芸人たちと楽しく学べるプログラムです。
COWCOWさんのSDGsにちなんだ新しいネタも披露します!ぜひお越しください!

皆さんでSDGsをあたりまえにしよう!

日時:2020年2月23日(日)11:00~12:00 場所:北國新聞赤羽ホール 1F交流ホール 講師:COWCOW様、ぶんぶんボウル様 対象:学生(小学生~大学生) 定員:180名 申し込み: 事前受付制
→下のURLから登録フォームに記載お願いします。
登録フォーム:https://00m.in/iGVRB(定員に達し次第、回答を締め切らせていただきます)

お問い合わせ先 公益社団法人金沢青年会議所SDGs実践委員会
委員長 土谷 学
Mail:2020kanazawakaigi@gmail.com

青年経済人×高校生×SDGsポスターセッション
2.23 SUNDAY

クロージングプログラム
日本JC×JCI

2020JCI金沢会議のクロージング

第1部では、日本青年会議所の石田会頭、金沢青年会議所の鶴山理事長、JCI金沢会議 小嶋議長の3名によるクロストークを行います。日本JCがSMILE by WATERキャンペーンを始めたきっかけや、この5年間、金沢や金沢JCにどのような変化が生まれたかを検証しつつ今後、それぞれがどのようにSDGsを推進していく方法を示します。

第2部では、EXILE ÜSAさんと石田会頭によるSDGsクロストークが行われます。
EXILE ÜSAさんと日本JCがSDGsについてのパートナーシップ協定を締結し、それを全国のLOMがどう活用できるのかお話しいただき、また、ÜSAさんの国連WFPサポーターとしての活動について、さらに、EXILE ÜSAさんと日本JCが協同しSDGs推進を加速させることのメリットなども含め、具体的なアクションプランを発信します。

日時:2020年2月23日(日)11:00~12:00 場所:北國新聞赤羽ホール 2F赤羽ホール 対象:JCメンバー(国内・国外)

お問い合わせ先

公益社団法人金沢青年会議所
〒920-0865 石川県金沢市長町1丁目1-58

TEL 076-232-3027FAX 076-232-3026

EMAIL info@kanazawa-jc.or.jp
※今回取得した個人情報は今後の公益社団法人金沢青年会議所の活動の告知にも使用させて頂きます。

  • JCI 金沢会議 2017年2月17日(金)?19日(日)|この日 金沢で、世界の今を考える
    金沢宣言
    -Kanazawa Declaration- とは?


    2015年11月に開催されたJCI世界会議金沢大会の総会において、
    JCIが国連の持続可能な開発目標「UN SDGs」の達成に向けて
    積極的に取り組むことを採択しました。
    この宣言が金沢の地で採択されたことから「金沢宣言」と呼ばれています。
  • 開催の趣旨・目的


    JCI金沢会議は、アジア太平洋地域の各国青年会議所の代表が一同に参加する国際会議です。
    国連が掲げた持続可能な開発目標「UN SDGs」の達成に向けた活動の推進を目的とし、
    金沢宣言が採択された金沢市で2016年から2020年まで毎年開催されます。
    世界をより身近に感じて頂き、グローバルな課題を共有する機会となれば幸いです。

国連の持続可能な開発目標
UN SDGs とは?

2015年9月の国連持続可能な開発サミットで
「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための
2030アジェンダ」が採択されました。
アジェンダでは人間と地球の繁栄のために
17の目標が掲げられています。
この17の目標が、持続可能な開発目標
Sustainable Development Goalsと呼ばれ、
一般的に「SDGs」と呼ばれています。

これまでの開催報告

JCI金沢会議 2018
開催報告

第3回目を迎える本年度は、SDGsの達成に向けて、
JCと市民・企業が協働でビジネス等を通じて
具体的な行動に移せる機会の提供を目的に開催しました。

  • 公式記者会見

    多くの記者の皆様にお越しいただき、2018年度JCI会頭 マーク・ブライアン・リム君、2018金沢会議議長 アレクサンダー・ティオ君、日本JC会頭 池田祥護君、金沢JC理事長 福光太一郎君、そして、JCI事務総長 アレイ・オベンソン君が出席しました。

  • オープニングセレモニー

    素囃子で幕を開けたオープニングセレモニーでは、御臨席いただいた寬仁親王妃信子殿下よりお言葉を賜りました。また、来賓の谷本正憲石川県知事、山野之義金沢市長から来賓の挨拶をいただくとともに、2018年度JCI会頭、2018金沢会議議長、日本JC会頭がそれぞれ挨拶し、JCI金沢会議2018が開幕しました。



  • オープニングレセプション

    国内外のJCメンバーが数多く参加し、「日本酒で乾杯」の幕開けから大いに盛り上がりました。また、オープニングセレモニーで素囃子を披露いただいた芸妓衆にもご参加いただきました。

  • JCIプログラム①:
    基調講演・
    パネルディスカッション

    9:00-9:45 基調講演「Global Goalsの導入」

    【講師】原田武夫 氏 (原田武夫国際戦略情報研究所(IISIA))
    【司会】アレクサンダー・ティオ君 (2018金沢会議議長)

    グローバル目標を正しく理解するための動機付けに関する講演が行われました。

    9:45-10:30 パネルディスカッション「最先端のSDGsを学ぶ」

    【パネリスト】シンシア・アーセ氏 (SDGs Action Campaign) 【パネリスト】世古将人氏(財団法人日本財団) 【パネリスト】小林知樹氏(JICA) 【パネリスト】徳成武勇氏(明和工業株式会社)
    【司会】マーク・ブライアン・リム君 (2018年度JCI会頭)

    持続可能な開発の草の根的解決策のために必要なことやその活動に関する知識と経験を共有するパネルディスカッションとなりました。

  • 金沢JCプログラム①:
    あすチャレ!
    Academy!

    障がいのある当事者講師からパラスポーツを切り口に、講話や体験プログラム、グループワークを通じて、障がい者への対応やコミュニケーションの方法について学びました。

  • 金沢JCプログラム②:
    特別対談「身近なところから始めるSDGs」
    【対談者】寬仁親王妃信子殿下
    【対談者】マーク・ブライアン・リム君 (2018年度JCI会頭)
    【対談者】更家悠介氏 (サラヤ株式会社 代表取締役社長)
    【コーディネーター】平本督太郎氏 (金沢工業大学 地方創生研究所 SDGs推進センター長)

    SDGsビジネスが広がることで地域がどのように変わり、どのように世界に影響していくのかを、それぞれの視点や取組み、今後の発展可能性をポイントに対談いただきました。
    寬仁親王妃信子殿下からは、「人を変えるのは難しいが、自分が変わることはできる」と話しいただき、一人一人の意識変革が世界レベルでの目標達成に繋がると呼びかけられました。

  • 金沢JCプログラム③:
    ワークショップ
    SDGsビジネスプログラム
    【講師】平本督太郎氏 (金沢工業大学 地方創生研究所 SDGs推進センター長)

    企業経営者を対象に、SDGsを経営戦略やビジョンに取り組むためのワークショップを開催しました。専門家からのアドバイスを得ながら、SDGsの特定の課題・テーマについて、課題定義を行った上で、提供する価値と解決策を創出し、ビジネスモデルを検討する機会となりました。

  • JCIプログラム②:
    ワークショップ
    「SDGsを分析・調査する」
    【講師】シンシア・アーセ氏 (SDGs Action Campaign)
    【講師】サイモン・ウォエル氏 (UNDP)

    JCIアクティブ・シチズン・フレームワークを活用し、若者やコミュニティがどのようにして最も関連性の高いSDGsを達成できるかを考えるためのワークショップであり、解決方法の共有やブレインストーミングなどを取り入れて行われました。



  • 議長招待レセプション

    金沢を代表る料亭「松魚亭」において、2018金沢会議議長 アレクサンダー・ティオ君が各国の会頭やスピーカーを招待するレセプションが開催され、国内外のデリゲイツ全体を巻き込み大いに盛り上がる夜となりました。



  • 国際アカデミーリユニオン

    国際アカデミーの卒業生(グローバルネットワーカー)らが卒業後の活動等の情報交換を行う同窓会が盛大に開催されました。

  • JCIプログラム③:
    基調講演・
    パネルディスカッション

    9:00-9:45 基調講演「Global Goalsの投資」

    【講師】更家悠介氏 (サラヤ株式会社 代表取締役社長)
    【司会】アレイ・オベンソン君 (JCI事務総長)
    【パネリスト】井村 辰二郎 氏 (株式会社金沢大地 代表)

    SDGsを推進するために、企業が市民と社会と協力し、地域や世界の発展にどのように貢献できるのかを考える機会となりました。
    SDGsを社会貢献プログラムに組み込む企業の事例紹介とともに、SDGs達成のために果たすビジネスの役割について、パネルディスカッションが行われました。

    9:45-10:30 パネルディスカッション 「Global Goals 達成のためのビジネスの役割」

    【パネリスト】サイモン・ウォエル氏 (UNDP)
    【パネリスト】清野志保氏 (グローバルシチズン)
    【パネリスト】原田武夫氏 (原田武夫国際戦略情報研究所(IISIA))
    【司会】アレクサンダー・ティオ君 (2018金沢会議議長)

    SDGsを社会貢献プログラムに組み込む企業の事例紹介とともに、SDGs達成のために果たすビジネスの役割について、パネルディスカッションが行われました。


  • 金沢JCプログラム④:
    「映画から始めるSDGs」
    (プレ上映会)

    ■上映映画:ポバティー・インク~あなたの寄付の不都合な真実~
    映画「ポバティー・インク~あなたの寄付の不都合な真実~」の上映会を行いました。これまでの支援のあり方を問い直し、SDGs達成に向けた活動を考えるに当たって示唆に富む内容であり、多くの方々に反響がありました。



  • JCIプログラム④:
    食と遊びのSDGs体験広場

    市民の方や企業が気軽に、そして、楽しみながらSDGsを体験できる企画となりました。

  • 日本JCプログラム:
    「少年少女国連大使事業紹介」
    「ワレワレハワラワレタイ×SDGs・SDGsトークショー」

    昨年の少年少女国連大使の事業紹介・報告が行われました。吉本興業所属の芸人が登場する映画の上映会の後、宮川大介花子氏によるトークショーが行われました。

  • ラップアップセッション

    JCI金沢会議2018の総まとめを行うとともに、2018年に取り組むべき課題について検討しました。また、金沢泉丘高校3年生の宮本佳奈さんから、同高校におけるSDGs推進の成果発表が行われました。

【開催期間】 2018年2月16日(金)~2月18日(日)【開催場所】 北國新聞赤羽ホール 【参加人数】約1060名

【参加者国】 フィリピン カンボジア 香港 インド 韓国 モンゴル ネパール スリランカ 台湾 タイ インドネシア カメルーン フランス

JCI金沢会議 2017
開催報告

2015年11月に国連の持続可能な開発目標
(UN SDGs)への協働を約束する「金沢宣言」が
採択されたことに基づき、
2年目のJCI金沢会議が開催されました。
今年度はJCI主催の各国会頭会議、
各プログラムが開催され各国の代表者が
アジアのみならず世界から集まり
UN SDGsへの協働について、自国の現状を
共有し合い今後の具体的なアクションを
考える機会を創出しました。

  • 公式記者会見

    公式記者会見には、多くの記者の皆様にお越しいただき、ドーン・ヘッツェルJCI会頭、マーク・ブライアン・リムアジア・太平洋地域担当常任副会頭、アレイ・オベンソン事務総長、青木照護日本JC会頭、 塚本泰央金沢JC理事長が出席しました。

  • オープニングセレモニー

    各国会頭が華々しく登場した後、御臨席頂いた寛仁親王妃信子殿下よりお言葉を頂戴しました。また谷本正憲石川県知事、山野之義金沢市長より来賓ご挨拶を頂き、歓迎挨拶ではアジア太平洋地域担当JCI常任副会頭マーク・ブライアン・リム君より「教育は知識ではなく行動である」との言葉が発せられJCI金沢会議2017が開幕しました。

  • 寬仁親王妃信子殿下特別講演
    【講師】寬仁親王妃信子殿下

    「私が身につけた 残したい金沢の 伝統と伝承 伝えておきたい豆知識」をテーマに、加賀友禅や大樋焼など石川県が誇る数々の工芸における伝統と伝承について、私たちが気づかないような金沢の心について、大変温かいお言葉を頂戴いたしました。

  • NOM会頭会議説明セッション

    翌日のNOM会頭会議に向けたUN SDGsのアクションについて知識を共有しました。

  • ウェルカムパーティー

    オープニングセレモニー後の国内外のJCメンバーが参加するウェルカムパーティーでは「日本酒で乾杯」からスタートし、大いに盛り上がる懇親の機会となりました。

  • JCI基調講演 ・
    パネルディスカッション
    【講師】メイ・コック 氏 (アジア開発銀行 青年リーダーシップ会議議長)
    【講師】カラヤフォーン・ジャスミン・ジャルファンド 氏 (国連アジア太平洋地域担当コーディネーター)
    【講師】冨吉 賢一 氏 (独立行政法人国際協力機構 理事)

    基調講演では青少年によるUN SDGs推進運動における戦略立案、手法確立、パートナーシップ提携推進について、パネルディスカッションでは地域の課題解決を図るSDGsモデルについて有識者によるご講演をいただきました。

  • ブレイクアップセッション

    JCI事務総長アレイ・オベンソン君の司会進行で、「意識を高め地域社会を巻き込む」というテーマでブレイクアップセッションに世界各国の多くのメンバーが参加し、国際協力機構JICA副所長小森正勝氏による講和、グループワークによる各国が取り組む事例発表を行い、意見が飛び交いました。

  • 議長招待レセプション

    冬の日本庭園をバックに、マーク議長が各国の会頭を招待するレセプションが開催されました。マーク議長をはじめJCI役員は、お酒のコミュニケーションで参加された国内外デリゲイツ全体を巻き込み大いに盛り上がる夜となりました。

  • NOM会頭会議

    アジア太平洋地域NOM会頭会議が19日午前、午後の2部制で開催されました。報告、並びに質疑応答が行われ、各国が抱える課題等について情報共有がなされました。その後、4つのグループに分かれ「アジア太平洋地域のSWOT分析」と題したグループディスカッションを行い、近隣のNOM会頭同士が議論し、グループ毎に今後の青年会議所が進むべき方向性について改めて確認されました。

  • 金沢JC 記念フォーラム1
    (世界からのメッセージ~希望ある明日のために)
    【講師】渡部 陽一 氏 (戦場カメラマン)

    世界各地130ヶ国以上激変する最前線の現場を訪れ、戦争という悲劇が引き起こす惨状、それに続く数々の負の連鎖を目の当たりした渡部氏による貴重な講演でした。わかりやすい丁寧な語り、そして実際の写真を見ることでSDGs目標16である「平和と公正をすべての人に」と真剣に向き合う機会となりました。

  • 金沢JC 記念フォーラム2
    (SDGs Innovation)
    【モデレーター】平本 督太郎 氏 (金沢工業大学専任講師)
    【パネリスト】近藤 典彦 氏 (会宝産業株式会社 代表取締役会長)
    【パネリスト】井村 辰二郎 氏 (株式会社金沢大地 代表)

    地方都市から発信するUN SDGs達成に向けた取り組みについて、先進的な活動をされている経営者によるパネルディスカッション形式のフォーラムを開催しました。97%の経営者が重要と捉える UN SDGsを地域の課題解決に繋げるビジネスモデルについて、先進的な事例を基に解説をいただきました。

  • 日本JCプログラム

    UN関係委員会より、2017年度に取り組む「JCI JAPAN SMILE by WATERキャンペーン」・「JCI JAPAN少年少女国連大使」・「グローバルユース国連大使」の3事業についてプレゼンテーションが行われ、歴代の少年少女国連大使達からも当時の経験から学んだことの発表がありました。

  • フェアウェルパーティー

    JCI金沢会議2017での成果を皆で分かち合い、金沢宣言が採択されたこの金沢で来年以降も集い UN SDGs推進を今後も行うことを誓い合いました。開会前には芸妓の舞が披露され、和を取り入れた設営のもと、アレイ事務総長によるオープニングスピーチ、ドーン会頭から参加者全員の気運が高まるお言葉を頂戴し素晴らしいフィナーレを迎えました。

【開催期間】 2016年4月1日 (金) 〜 4月2日 (土) 【開催場所】 金沢市文化ホール 【参加人数】 600名 (JCメンバー)

【参加者国】 スリランカ、タイ、ベトナム、ミャンマー、モンゴル、バングラデシュ、カンボジア、香港、インド、インドネシア、韓国、マレーシア、フィリピン、シンガポール、台湾、マカオ、
ナイジェリア、アメリカ、ガーナ、チェコ 計20ヵ国

JCI金沢会議 2016
開催報告

2015年11月に開催された
JCI世界会議金沢大会において、
JCIが国連の持続可能な開発目標(UN SDGs)への
協働を約束する「金沢宣言」が採択されたことに
基づき、今回のJCI金沢会議が開催されました。
会議期間中は、各国代表者がSDGsへの知識を
高めるとともに、今後の取り組みについての
議論を行いました。

  • ウェルカムパーティ

    各国会頭やJCI役員・スタッフが一同に会しJCI金沢会議開催を祝しました。来賓として山野金沢市長をお招きしました。

  • 基調講演1
    【講師】
    近藤哲生氏
    (国連開発計画駐日代表事務所 駐日代表)

    国連開発計画駐日代表事務所駐日代表の近藤哲生氏に「UN SDGs」「アジアの問題点とその解決に向けた取り組み」をテーマにご講演いただきました。

  • アフリカ開発会議 紹介

    チュボ・タラク常任副会頭(南アフリカ)よりアフリカ開発会議の紹介がありました。

  • 日本JCプログラム

    「JCI JAPAN SMILE by WATERキャンペーン」「JCI JAPAN 少年少女国連大使事業」について紹介をしました。

  • 基調講演2
    【講師】
    村瀬 誠氏
    (東邦大学薬学部客員教授/株式会社天水研究所代表取締役)

    東邦大学客員教授の村瀬誠氏に、アジアにおける飲み水問題の深刻さの説明と雨水を活用した飲み水支援についてご講演いただきました。

  • ブレイクアップ・セッション

    UN SDGs達成に向けて各国の取組みについてディスカッションを行いました。

  • 議長招待レセプション

    議長を務めるジェニファー・グレイシー常任副会頭(アメリカ)の挨拶で開宴しました。

  • NOM会頭フォーラム

    アジア各国会頭による会議が開催され、ナオミ・チャン(香港)担当委員長より「ピース・イズ・ポッシブル・キャンペーン」の説明がありました。

  • フェアウェルパーティ

    ホストを務めた日本JC・金沢JCに感謝の言葉が贈られ、次回も金沢に集うことを約束して閉宴しました。

  • ラップアップセッション

    パスカル・ディケ会頭(ナイジェリア)の総括として、SDGs達成に向けて1人ひとりが一歩踏み出すことの必要性について発信がありました。

  • 金沢JC記念フォーラム
    【講師】
    紺野美沙子氏
    (女優/国連開発計画親善大使)
    【講師】
    近藤哲生氏
    (国連開発計画駐日代表事務所 駐日代表)

    女優で国連開発計画親善大使の紺野美沙子氏により、その活動内容についてご講演いただきました。

【開催期間】 2016年4月1日 (金) 〜 4月2日 (土) 【開催場所】 金沢市文化ホール 【参加人数】 600名 (JCメンバー)

【参加者国】 バングラデッシュ、カンボジア、香港、インド、インドネシア、韓国、マレーシア、フィリピン、シンガポール、台湾、 ナイジェリア、アメリカ、南アフリカ、カメルーン、マカオ 計15ヵ国