Search.

VISIONARY CITY FORUM

2017年9月19日(火)石川県立音楽堂邦楽ホールにて、ビジョナリーシティフォーラムと題し、経営ストラテジストの坂之上洋子さんと東宝のヒット宣伝プロデューサーの弭間友子さんのスペシャル対談が行われました。

経営ストラテジストの坂之上さんは現在北京在住で、文字通り世界を飛び回るブランディングのスペシャリスト。日本グローバルヘルス協会最高戦略責任者、観光庁ビジットジャパン・クリエイティブアドバイザー、東京大学非常勤講師などを歴任した後、現在は、国際災害支援機関、やNPO、上場企業、ベンチャー企業の顧問をしている方で、金沢に来るのは今回が初めてとのこと。

弭間友子さんは、あの大ヒットアニメ映画「君の名は」の宣伝プロデューサーであり、それ以外にも多くの作品をヒットさせたヒットメーカーでもある。2回目の金沢でもあり、今回の対談をとても楽しみにしていらっしゃいました。

スペシャル対談のテーマは「潜在的な価値が見つかる超対談」。

たくさんのお話の中で始めに伝えられた「まずは知ってもらうことが大事」という言葉は当たり前のようでいて、ともすると意識されていないことであったように思います。坂之上さん、弭間さん両者が同じように言われていた事としては、人に興味を持ってもらうこと、そして、その事をしっかり発信するということでした。

「ブランドとはあなた自身のもの」

印象的な言葉と共に、認知とポジショニングの大切さを教えていただきました。