Search.
0

about

2015年9⽉の国連サミットにて全会一致で採択された
持続可能な開発目標SDGs(Sustainable Development Goals)。
「誰一人取り残さない」社会の実現を⽬指し、経済・社会・環境をめぐる広範な課題に統合的に
取り組むことが今求められています。

2018年、金沢JCは、市民の皆様とともにSDGs達成に向けた取組みを推進すべく、
貧困や⼈権、環境に関わるドキュメンタリー映画の上映会を開催します。
そして、毎回、各分野の専門家をお呼びし、ワークショップやトークセッションも併せて行います。

休⽇の午後のひとときに、未来のために私たちができることをちょっと一緒に考えてみませんか。
親⼦、カップル、友⼈同士はもちろんお一人でも、皆様のご参加を心よりお待ちしています。

SDGsとは? >>>

SDGs(持続可能な開発目標)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月、国連サミットにおいて、全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載されている2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さないことを誓っています。

schedule

映画上映とともにワークショップやトークセッションを同時開催!

[全日程同一会場]
  • 3/25(SUN) 13:30-

    【第1回】ジェンダー・マリアージュ ~全米を揺るがした同性婚裁判~

    同性婚が合法とされていたアメリカ・カリフォルニア州で、2008年11月、結婚を男女間に限定する州憲法修正案「提案8号」が通過。同性婚が再び禁止されることになった。この「提案8号」を人権侵害であるとして州を提訴したのが二組の同性カップル。クリス&サンディとポール&ジェフ。
    アメリカ合衆国最高裁判所で婚姻の平等が初めて争われるこの訴訟のもと、かつてブッシュ対ゴアの大統領選で敵同士だった2人の弁護士、テッド・オルソンとデヴィッド・ボイスも手を取り合う。愛とは、家族とは、人権とは......。
    彼らのかつてない闘いを5年以上に渡って撮影し続けた感動のドキュメンタリー。

    原題:The Case Against 8
    製作年:2013年 製作国:アメリカ
    配給:ユナイテッドピープル 時間:112分

    監督・プロデューサー:ベン・コトナー、ライアン・ホワイト
    音楽:ブレイク・ニーリー
    編集:ケイト・アメンド A.C.E.

    • 目標10

      各国内及び各国間の不平等を是正する

    • 同時開催イベント

      トークセッション

      講師:松中 権(NPO法人グッド・エイジング・エールズ代表)

  • 4/22(SUN) 13:30-

    【第2回】ビューティフル アイランズ 〜気候変動 沈む島の記憶〜

    南太平洋のツバル、イタリアのベネチア、アラスカのシシマレフ島。
    主人公は、気候も文化も異なる島で、それぞれ故郷を愛して生きる人々の“普通の暮らし”だ。絆を育む祭りや、代々受け継がれてきた伝統工芸、食文化、水辺のゆったりとした生活。そのどれもが、今、気候変動によって失われる危機にある。

    ナレーションやBGMをあえて入れない構成を選んだのは、彼らのありのままの暮らしのずばらしさを見てもらうため。
    波や風の音に耳を澄ませ、子供たちの輝く笑顔とともに、近い未来に消えてしまうかもしれない文化を味わう。気候変動がさらに深刻化になったとき、私たちはそれを失うかもしれない――
    私たちにできる第一歩はまずは知ることだ。

    製作年:2009年 製作国:日本
    制作:ホライズン・フィーチャーズ
    時間:106分

    監督:海南友子 製作総指揮:南 幸男
    プロデューサー:海南友子
    アソシエイトプロデューサー・編集:向山 正利
    整音:森 英司 撮影:南 幸男 編集:海南友子

    • 目標13

      気候変動及びその影響を軽減するための緊急対策を講じる

    • 同時開催イベント

      ワークショップ

      講師:永原 伸一郎(合同会社金沢市民発電所 代表社員)

  • 5/20(SUN) 13:30-

    【第3回】アリ地獄のような街

    バングラディッシュのストリートチルドレンの現実を描いた映画
    大都市ダッカの闇。子どもがアリ地獄に飲み込まれていくリアルストーリー。

    農村での生活を捨て、生き延びるための僅かなお金を握りしめ、大都会ダッカへ足を踏み入れた少年ラジュ。そこでラジュはダッカの路上で暮らすストリートチルドレンなどと知り合っていき、彼らの元締めであるイアシンという男のもとに連れて行かれる。イアシンはダッカの暗闇を象徴するような男であり、子ども達を使って様々な違法な商売に関与している。ラジュも自分がしている悪事に気づかないまま、イアシンの手先になっていってしまう。一方、路上に捨てられた少女ククもイアシンの餌食となり、ダッカの闇の生活に落ちていってしまう。
    この物語は、蟻地獄のように引き寄せられ、決して逃れることのできない、ダッカの現実の姿を描いた映画である。

    原題:Je Shohor Chorabali
    製作年:2009年 製作国:バングラデシュ
    制作:エクマットラ
    配給:ユナイテッドピープル 時間:79分

    監督:シュボシシュ・ロイ(エクマットラ代表)
    キャスト:ラジュ

    • 目標1

      あらゆる場所のあらゆる形態の貧困を終わらせる

    • 同時開催イベント

      Coming Soon

      詳細公開まで今しばらくお待ちください。

  • 6/24(SUN) 13:30-

    【第4回】バレンタイン一揆

    ガーナで児童労働の問題を知った、日本の普通の女の子3人は、動き出す。バレンタインに、チョコレートを通して、世界の問題について考えること。フェアトレードでつくられ­たチョコレートをちゃんと買うこと。それこそが、バレンタインにすべき、大切なことなんだ、と。そして、みんなでフェアトレードのチョコレートを買う「バレンタイン一揆」­というイベントを企画。2月11日、「バレンタイン一揆」当日、彼女たちの想いはみんなに届いたのか・・・。
    ※ACE設立15周年記念として制作。

    原題:バレンタイン一揆
    製作年:2012年 製作国:日本
    制作:博宣インターナショナル
    配給:ユナイテッドピープル 時間:64分

    監督:吉村瞳 製作総指揮:小林聡
    プロデューサー:並河進(企画)、斎藤雅隆(統括)、森元直枝、富岡洋一(企画協力)
    音楽:中村公輔(音楽監督) 主題歌「僕なんて」
    音楽協力:Q.,Ltd 株式会社キュー
    撮影:小林聡 編集:吉田博
    キャスト:梅田麻穂、藤田琴子、志賀アリカ

    • 目標8

      包摂的かつ持続可能な経済成長及びすべての人々の完全かつ生産的な雇用と働きがいのある人間らしい雇用(ディーセント・ワーク)を促進する

    • 目標12

      持続可能な生産消費形態を確保する

    • 同時開催イベント

      Coming Soon

      詳細公開まで今しばらくお待ちください。

  • 7/29(SUN) 13:30-

    【第5回】ELEMENTAL 生命の源 ~自然とともに~

    「水のガンジー」「ウォーターマン」と讃えられる著名な活動家のラジェンドラ・シンは汚染され、死にかけている聖なる川、ガンジス川を蘇らせるため40 日間に及ぶ平和の巡礼の旅に出る。シンは工場を閉鎖することや、ダム建設を止めるための行動を起こし、インド人にとって聖なる川であるガンジス川に人々が敬意を持つようにと願い、行動する。

    地球の反対側のカナダ北部では、エリエル・デレンジャーが世界最大の産業開発事業であるタールサンド(オイルサンド)の開発に待ったをかけるため、巨大企業との闘いに挑んでいた。先住民族デネ族出身で若い母のデレンジャーは、暮らしやコミュニティー、はたまた全大陸を破壊する3,200Km にも及ぶキーストーン・XL・パイプライン計画に反対するために家族総出でもがきながらも継続的に挑戦を続けていた。

    そしてオーストラリアでは発明家であり起業家のジェイ・ハーマンが、人類が直面する環境問題の解決となる鍵が、自然自身に備わっているということに確信を持ち、数億円単位の出資を求め投資家を探し始めていた。ハーマンは自然界の深遠なる設計に触発され、彼の発明した革新的な機械が地球温暖化を遅らせることが出来ると信じて疑わない。

    世界中で環境破壊が進む今、3 つの異なる大陸で、しかし確固とした決意で自然保護のために奮闘する。
    これらの3 人のストーリーは、新時代の環境ヒーローの物語である。

    原題:ELEMENTAL
    製作年:2012年 製作国:アメリカ
    制作:Go Project Films Production
    配給:ユナイテッドピープル 時間:93分

    監督・プロデューサー:ガヤトリー・ロシャン、エマニュエル・ボーン・リー
    編集:ペドロ・コス

    • 目標6

      すべての人々の水と衛生の利用可能性と持続可能な管理を確保する

    • 同時開催イベント

      Coming Soon

      詳細公開まで今しばらくお待ちください。

  • 8/26(SUN) 13:30-

    【第6回】ザ・トゥルー・コスト ~ファストファッション 真の代償~

    この数十年、服の価格が低下する一方で、人や環境が支払う代償は劇的に上昇してきた。本作は、服を巡る知られざるストーリーに光を当て、「服に対して本当のコストを支払っているのは誰か?」という問題を提起する、ファッション業界の闇に焦点を当てたこれまでになかったドキュメンタリー映画だ。

    この映画は、きらびやかなランウェイから鬱々としたスラムまで、世界中で撮影されたもので、ステラ・マッカートニー、リヴィア・ファースなどファッション界でもっとも影響のある人々や、環境活動家として世界的に著名なヴァンダナ・シヴァへのインタビューが含まれている。またフェアトレードブランド「ピープル・ツリー」代表サフィア・ミニーの活動にも光を当てている。私たちは行き過ぎた物質主義の引き起こした問題に対して、まず身近な衣服から変革を起こせるのかもしれない。

    原題:THE TRUE COST
    製作年:2015年 製作国:アメリカ
    制作:Go Project Films Production
    配給:ユナイテッドピープル 時間:93分

    監督:アンドリュー・モーガン
    プロデューサー:マイケル・ロス
    キャスト:サフィア・ミニー ヴァンダナ・シヴァ ステラ・マッカートニー ティム・キャッサー リック・リッジウェイ ほか

    • 目標12

      持続可能な生産消費形態を確保する

    • 同時開催イベント

      Coming Soon

      詳細公開まで今しばらくお待ちください。

  • 9/23(SUN) 13:30-

    【第7回】サバイビング・プログレス - 進歩の罠

    21 世紀を生き抜くための選択とは?めまぐるしいスピードで変化する世界で人類がサバイバルできるかは私たち次第。壮大なスケールで人類の生存について問うドキュメンタリー。

    人類はどこへ? 21 世紀を生き抜く私たちへのウェイクアップ・コール

    5万年もの間、人類の頭脳はアップグレードされていない。それにもかかわらず同じ頭脳をオペレーションシステムとして、21世紀に私たち人類が直面する難解な問題解決を図ろうとしている。人口増、大量消費社会や地球環境破壊など、問題は深刻さを増すばかりだ。問題解決のために生物化学や宇宙開発という進歩への挑戦が試みられるなか、ベストセラー作家で『暴走する文明「進歩の罠」に落ちた人類のゆくえ』の著者ロナルド・ライトは、目先の利益のために将来を犠牲にする「進歩の罠」によってこれまでの文明が繰り返し破壊されてきたことを指摘し、現在、人類が文明の崩壊の瀬戸際にあると警告する。ライトがナビゲーターとなり、コリン・ビーヴァン(『地球にやさしい生活』)、ジェーン・グドール(霊長類学者)、スティーヴン・ホーキング(理論物理学者)、デヴィッド・スズキ(遺伝学者/活動家)、サイモン・ジョンソン(前IMF チーフエコノミスト)たちと人類の未来を考察する。製作総指揮にアカデミー賞受賞監督のマーティン・スコセッシ、『ザ・コーポレーション』監督のマーク・アクバーを迎えて、壮大なスケールと圧倒的な映像表現で人類の進歩史を描き、21世紀を生きる私たちに警鐘を鳴らす渾身のドキュメンタリー。

    原題:SURVIVING PROGRESS
    製作年:2011年 製作国:カナダ
    配給:ユナイテッドピープル 時間:86分

    監督:マチュー・ロワ 共同監督:ハロルド・クロックス
    製作総指揮:マリオ・ジャネール
    プロデューサー:ダニエル・ルイ、デニース・ロバート、ゲリー・フライブ
    原作:ハロルド・クロックス、マチュー・ロワ
    音楽:パトリック・ワトソン、マイケル・ラムジー
    撮影:マリオ・ジャネール
    編集:ルイ-マーティン・パラディス
    キャスト:マーガレット・アトウッド エニオ・ビータ コリン・ビーヴァン チェン・チャンニエン チェン・ミン ビクター・チーカイ・ガオ ジェーン・グドール スティーヴン・ホーキング マイケル・ハドソン サイモン・ジョンソン マーク・レヴィーン ゲイリー・マーカス ダニエル・ポヴィネリ キャンベル・ムサヴァリ マリナ・シルヴァ ヴァクラフ・スミル デヴィッド・スズキ ラケル・タイツォン-ケイロス ジム・トーマス J.クレイグ・ベンター ロバート・ライト ロナルド・ライト

    • 目標12

      持続可能な生産消費形態を確保する

    • 同時開催イベント

      Coming Soon

      詳細公開まで今しばらくお待ちください。

  • 10/28(SUN) 13:30-

    【第8回】幸せの経済学

    -ラダックに迫る近代化の波 -

     急速なスピードで世界的に広がった近代化の波は、30年前まで外国人立入禁止地域だったヒマラヤの辺境ラダックにも押し寄せていました。西欧の消費文化はあっという間に彼らの伝統的な生活スタイルを一変させ、自然との関わりを切り離し、人との繋がりを希薄化させることにより、彼らのアイデンティティーや伝統文化の誇りまでも奪っていきました。その証拠に、昔はいきいきと目を輝かせて暮らしていたラダックの人びとが、10年後には「(欧米文化に比べ)私たちは何も持っていない、貧しいんだ。支援が必要だ」と訴えるようになったのです。
    この映画では、消費文化に翻弄されるラダックの人びとの姿をもとに、世界中の環境活動家たちがグローバリゼーションの負の側面を指摘し、本当の豊かさとは何か、を説いていきます。

    -答えはローカリゼーションにある-

     監督のヘレナ・ノーバーグ・ホッジは、その解決の糸口として「グローバリゼーション」と対極にある「ローカリゼーション」を提案していきます。地域の力を取り戻すローカリゼーションの促進が、切り離されてしまった人と人、人と自然とのつながりを取り戻し、地域社会の絆を強めていく、と語ります。実際に世界では、「本当の豊かさ」を求め、持続可能で自立した暮らしを目指すコミュニティの構築が世界的に広がりつつあります。この映画の中では、日本の小川町での取り組みやキューバで起こったオイル・ピークについてのサステナブルソリューションについても取り上げています。

     行き過ぎたグローバル経済から脱却し、持続可能で幸せな暮らしをどう作っていくべきなのか。そのヒントは日本の伝統文化の中にもあるのではないでしょうか。彼女はその気づきを我々に与えてくれるでしょう。

    原題:The Economics of Happiness
    製作年:2010年
    製作国:アメリカ、ニカラグア、フランス、ドイツ、イギリス、オーストラリア、インド、タイ、日本、中国
    配給:ユナイテッドピープル 時間:68分

    監督:ヘレナ・ノーバーグ=ホッジ、スティーブン・ゴーリック、ジョン・ページ
    プロデューサー:ヘレナ・ノーバーグ=ホッジ(ISECの代表者)
    キャスト:ヘレナ・ノーバーグ=ホッジ 辻信一 ロブ・ホプキンス ヴァンダナ・シヴァ サムドン・リンポチェ ロナルド・コールマン

    • 目標12

      持続可能な生産消費形態を確保する

    • 同時開催イベント

      Coming Soon

      詳細公開まで今しばらくお待ちください。

cast

  • 松中 権

    認定NPO法人
    グッド・エイジング・エールズ 代表

    金沢市生まれ。大学卒業後、大手広告会社に入社し、海外研修制度でNYのNPO関連事業に携わった経験をもとに グッド・エイジング・エールズを設立。 LGBTが素敵に歳を重ねていける社会づくりを目指しています。

    3月25日トークセッション出演
  • 永原 伸一郎

    合同会社金沢市民発電所 代表社員

    金沢市出身。株式会社PFUを退社した後、有限会社エフ・アイ・ティー設立。その後、持続可能な社会を目指し、市民・行政と一緒になって再生可能エネルギーの普及・啓発に取り組むために合同会社金沢市民発電所を設立し、現在、同社代表社員を務める。

    4月22日ワークショップ出演

contact

お申し込み、お問い合わせは、
下記フォームからお願いいたします。