パラトークに対しての声

講 師

杉内周作

アテネパラリンピック(2004年)
男子400m自由形リレー 銅メダリスト

杉内周作

アテネパラリンピック(2004年)
男子400m自由形リレー 銅メダリスト

1974年、愛知県生まれ。小学生の頃に水泳を始め、就職後もマスターズ大会に出るなど競技に関わる。26歳で網膜色素変性症と診断されてからパラリンピックの出場を目指し、選手生活を再スタート。2001年度に全日本入りを果たした。
アテネパラリンピックでは400m自由形リレー(視覚障害49P)で銅メダルを獲得、ほか3種目で入賞を果たした。2007年に現役を引退。現在は地元で障がい者水泳チームのコーチを行う傍ら、関東身体障がい者水泳連盟の理事を務める。