TOP > TOPICS > 「住まいる工芸」のセッションが開催されました!
News

「住まいる工芸」のセッションが開催されました!

【真に持続可能な金沢創造委員会です】

「住まいる工芸」のセッション(講演と企業への提案会)が、金沢青年会議所 会館2F(金沢市長町1丁目1-58)にて開催されました。

本事業では、金沢、石川の工芸が自由経済の中で、新商品として開発が行われたり、新しいマーケットを獲得する為に、住宅建設企業と工芸作家や職人のパートナーシップを構築することを目的としています。

今回のセッションでは、参加企業4社と23組の工芸作家や職人がご参加いただきました。第1部では、株式会社浦建築研究所の浦淳氏と陶芸家の中村卓夫氏に、現在お二人が取り組まれている「工芸建築」のお話や、空間と工芸の関わり方等についてのご講演をいただきました。その後、第2部の企業への提案会では、事前に行われましたイントロダクション(住宅建設企業と工芸作家や職人の初顔合わせ)をもとに各企業からの要望に対し、工芸作家や職人から提案を行っていただきました。

今後は、5月中にマッチングを行い、10月の予定しております各企業のモデルハウス、社屋での作品展示に向けて進めてまいります!

誰もが心から誇れる金沢をつくろう
この素晴らしい金沢を
未来につなぐために